平屋住宅と間取り

注文住宅は施主と工務店が綿密に話し合いながら一戸建てを新築できるシステムですから、遠慮なく希望を申し出るように心がけましょう。実際の設計では、プロならではのアドバイスに耳を傾ける姿勢が大切ですが、どのような住まいに暮らしたいのかをイメージで伝えるときはアマチュアの発想だけでも構いません。大切なのは、これから誰が、どのように暮らしたいのかだからです。一戸建てを新築するときに何階建てかを想定しますが、平屋住宅を希望する場合は間取りにも注目しましょう。平屋住宅の一戸建ては、住まい全体を見渡せるイメージを持つと良いでしょう。

キッチンで家事をしながら、リビングで遊ぶ子供を見守りつつ、和室の両親にも配慮が行き届くような、声を掛ければ家族みんなと繋がれる環境です。子供部屋を最初から設計しておく必要はありませんが、子供の成長に合わせて柔軟に対応できると安心です。個室を設計しておくのも良い方法です。キッチンやダイニングに隣接して個室を設計しておけば、柔軟に利用できる空間に仕上がります。子供が小さいときは、ワレモノなど危険性のある食器などの保管場所として活用し、子供が成長したときに子供部屋として活用し、進学や就職で子供が独立したあとは食料品や飲料水をストックできる場所として活用できます。家族の成長に合わせて柔軟に対応できる間取りにしておくと、平屋住宅は快適で安全な住まいになります。子育てが終わってからの夫婦の生活は、ある程度の買い置きを心がけたほうが良い場合もあります。両親との同居であれば、高齢者世代となった両親のバリアフリーへの配慮もポイントになります。段差を解消すれば転倒予防に効果的です。

平屋住宅は二階への階段が設計されていませんから、住まい全体で段差を解消できます。玄関を広めに設計しておくと、将来的に手すりを設置するときに空間が狭くならずに済みます。玄関に隣接して個室を設計しておくと、シュークロークとして活用できます。シュークロークがあると、湿気対策と防臭対策が容易になりますので衛生的です。平屋住宅は家族の動線を意識して、各部屋の配置を決めましょう。家族が通る場所の廊下を広めにしておくと、歩きやすい住まいに整います。注文住宅は家族の動線に合わせて間取りを決めてくれるので、家事の作業手順に沿って歩き回りやすい配置にしてもらいましょう。新築するときに柱と梁の構造体を強固に設計して施工してもらっておけば、壁を撤去して広い間取りにしたいときに平屋住宅の強度を弱めずに済みます。