平屋住宅と断熱

平屋の住宅は、基本的に二階部分が無いので全ての部屋が屋根に接する構造になっています。その為、夏に小屋裏収納庫の温度が軽く45度以上になる様に、平家の場合も太陽の熱がそのまま部屋の温度に大きな影響を及ぼし、夏は非常に暑く冬は底冷えの原因となります。又、冷暖房機を使用している部屋と使っていないトイレや廊下などでは大きな温度差が生じてしまい、健常者には問題無い温度差でも高齢者身体には大きな負担となります。一般的に温度差が、5度〜8度でヒートショックが引き起こされるとされ、ヒートショックは急激な血圧の変化や脈拍の上昇などの症状を引き起こし、心疾患や脳血管疾患などによる突然死の起因となります。その為、暖房をしている部屋と暖房していない部屋との温度差を5℃以内、廊下とトイレの温度差は3℃以内にする必要があるとされ、国や地方自治体では断熱工事に対する助成制度が行われています。

断熱は、三重 注文住宅や分譲住宅などの新築は住宅支援機構などの仕様書に従って屋根や壁、床に高性能の断熱材を入れていますが、それだけでは不十分として窓ガラスに遮熱フィルムを貼ったり、窓の前に断熱ボードを立てるなどの断熱行為を行っている方達もいます。住宅の断熱には、構造部材間の空間や小屋裏にグラスウールなどの断熱材を詰め家全体を包み込む内断熱工法と構造体の外側にパネルタイプなどの断熱材を設置し外側から住宅全体を覆ってしまう外断熱工法があります。内断熱は、一般的な住宅に多く用いられているコストの安い断熱工法であり、ガラス繊維を布団の様に加工したグラスウールなどの繊維系の断熱材が多く用いられています。内断熱は、断熱層が外壁や屋根などのすぐ外側にあるので太陽の熱や放射冷却による温度変化を受けやすく、熱の損失の大きな断熱工法です。

又、壁内で結露を起こす事が多く、断熱材が脱落してしまいカビや躯体の腐敗を生じさせてしまいます。又、建築工法によってはヒートブリッジ現象により結露が発生することもあります。外断熱は、断熱層が外装材のすぐ内側にあるので日射や放射冷却の影響を受けず熱損失が少なく、住宅の躯体の自体が室温を維持する蓄熱体となるため、室温に変化が生じ難く結露の心配が少ない断熱工法です。しかし、住宅の躯体が蓄熱体として働く為に、適切な室温に達するまでに大きなエネルギーを消費するデメリットもあります。内断熱と外断熱は、どちらが優れているかは明確にされていませんが、一般的に結露の少ない外断熱の方が木造住宅に対しては特に良いとされています。