二世帯住宅と間取り

注文住宅を新築する場合、親世帯との二世帯住宅としてプランニングをするということは、高齢社会とよばれている現在ではめずらしいことではありません。特に、注文住宅であれば、既存のハウスメーカーがパターン化して販売しているような住宅よりも、より自由なプランニングが可能となるため、これから新築しようとする場合にはうってつけということができます。
しかし、このような二世帯住宅というのは、基本的にライフスタイルも価値観も違う世帯どうしがスペースを共有するということですので、住宅の構造そのもの、間取りといった部分をよく検討しておかないと、互いに気をつかいすぎて失敗してしまうことにもつながりかねません。そのため、まずは、二世帯住宅としてどのようなあり方にするのかというビジョンを描くことがたいせつです。二世帯住宅とはいっても、完全に同居するのに近いタイプのものから、部分的に設備をシェアするタイプ、ほとんど別々に生活するタイプまで、さまざまなタイプが想定できるものです。

完全同居に近いタイプの場合、間取りとしては、それぞれの世帯には個別に寝室がある程度で、あとの部屋、設備はすべて共有ということになります。この場合は、すでに二世帯が親密であるという前提と考えられますので、たとえばリビングを中央に配置するような間取りにして、いつでも親子で顔をあわせることができるようなしかけをしておくのもよいといえます。
また、部分的に共有するタイプは、二世帯住宅としては一般的であり、費用的にも世帯ごとに別々の新築や建て替えなどとくらべるとメリットが大きいといえます。この場合、バス、トイレ、キッチンなどを共有としてひとつにまとめ、リビング、寝室、子供部屋などをそれぞれの世帯ごとに置くという間取りになります。場合によっては、メインのキッチンとミニキッチンを設けて、どちらかの世帯でミニキッチンを専用に使うようにすれば、定年後の親世帯、現役で夜遅くまで働いている子世帯の、実際に住宅のなかで生活する時間帯のギャップを気にしなくてすみます。

さらに、ふたつの世帯がほとんど別々に生活するようなタイプですが、この場合はひとつの建物ではあっても玄関を別々にするとともに、平屋であれば左右にそれぞれの世帯のスペースを、2階建てであれば上階が子世帯、下階が親世帯のスペースを割り振るなどといった工夫をして、間取りそのものから分離してしまいます。こうすることによって、相互に干渉せずに生活をすることができるため、よけいなストレスも少なくなるといえます。