全館空調 カビ対策は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三重県の新築住宅で空調を各部屋に取り付けるのではなく、廊下や洗面、トイレなどすべてを1台の空調でコントロールをする事を全館空調といいます。メリットも多いので導入を検討する価値はありますが、そのまえにダクト内にカビが生えてしまうことがあるので、対策を用意しておかなければいけません。全館空調のカビは、何によって発生するのかというと、ダクトの内側と外側に温度差ができてその結果結露になることが主な原因です。ということは効果的なカビ対策というのは、ダクトに結露ができないように断熱材で覆ってしまうことです。壁にある断熱材の中に配管をすれば温度差ができにくくなります。

それから、ダクトの清掃も定期的に行うべきです。ダクトにホコリや虫の死骸などが詰まってしまうと、換気ができずにやはりカビが発生しやすい状況になります。フィルターの交換をしたり、吹出口の近くでしたら棒と布を使って拭き取ることもできるでしょう。でも、完全に綺麗にしたいならば、プロの業者に任せたほうがいいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。