未分類

全館空調 メリットとは?

全館空調は、まず健康に良い効果をもたらすメリットがあります。温度を一定にすることができますので、急激な気温変化が起こらなくなりヒートショックのような症状に陥らなくてもすみます。高齢者の人は特に温度変化によって血圧の状態が変わるため、不測の事故を避ける意味でも健康面で良い効果をもたらします。また、室内全体の空間を大きく使えるようになるメリットもあります。どの部屋も一定の温度にできるわけですから、部屋の間仕切りやドアが必要でなくなるため室内を大きく使えるようになります。さらに、室内の空気が綺麗になる利点も存在します。一般的に、全館空調を取り入れている機械には高性能フィルターが搭載されていることが多く、ホコリやカビ、あるいは外界からの花粉などを取り除いて新鮮な空気にしてくれます。ハウスダストや花粉で身体の健康状態が悪くなっている人でも、全館空調を導入することでこういった症状を抑えらえる可能性があります。

全館空調 カビ対策は?

三重県の新築住宅で空調を各部屋に取り付けるのではなく、廊下や洗面、トイレなどすべてを1台の空調でコントロールをする事を全館空調といいます。メリットも多いので導入を検討する価値はありますが、そのまえにダクト内にカビが生えてしまうことがあるので、対策を用意しておかなければいけません。全館空調のカビは、何によって発生するのかというと、ダクトの内側と外側に温度差ができてその結果結露になることが主な原因です。ということは効果的なカビ対策というのは、ダクトに結露ができないように断熱材で覆ってしまうことです。壁にある断熱材の中に配管をすれば温度差ができにくくなります。

それから、ダクトの清掃も定期的に行うべきです。ダクトにホコリや虫の死骸などが詰まってしまうと、換気ができずにやはりカビが発生しやすい状況になります。フィルターの交換をしたり、吹出口の近くでしたら棒と布を使って拭き取ることもできるでしょう。でも、完全に綺麗にしたいならば、プロの業者に任せたほうがいいです。

土地探しの際は時間帯を変えて見学を

三重で新築一戸建て住宅を建てる際の土地探しの際には、現場の見学に行くべきだと考えています。新築一戸建てを建てる土地を選ぶ際に、候補の土地には日中それから夕方、そしてできれば午前中にも行ってみたら良いと思うのです。

なぜなら、時間帯を変えて新築一戸建てを建てる予定の土地に行くことで、普段の生活の様子を見ることができるからです。例えば、午前中にマイホーム候補の土地に行くことで、ゴミステーションの状態を確認することができるでしょう。言うまでもなく、ゴミステーションの状態が良い(ゴミがキレイにまとめて出されている)地域は評価できます。

そしてその逆は言うまでもなく…。ゴミステーションの状態もゴミの出し方も悪いような地域の土地にマイホームを建てるのはやめておいた方がいいでしょう。

またマイホーム候補の土地に、昼間や夕方に行くことにより、そこで暮らす住人がどのような人たちなのかを知ることができるでしょう。そこで暮らす子供を見ることも大事ですから。子供を見ることで保護者、つまりそこで暮らす大人がどのような人なのかということも感じることができるでしょう。

以上のように、時間帯を変えての土地見学は大事なのです。新築一戸建てを建てる際には、マイホーム候補地の見学は大事ですよ。

激安と宣伝しているリフォーム業者は本当に安いのか

近年ではリフォーム業者間の競争が激しくなってきたこともあり、激安価格を売りにしている業者も増えてきています。こうした業者の中には、本当に営業努力で激安価格を実現しているところもありますが、その一方で問題が多い業者も少なくないので注意が必要です。そもそも、リフォームの価格というものはその建物の状態によって変わってくるので、一概にいくらという相場がある訳ではありません。つまり、宣伝で激安を売りにしていても、実際には様々な名目で追加料金を請求され、最終的には決して安いとはいえない金額になってしまうケースが殆どです。また、実際の価格が宣伝通り安かったとしても、工事の技術や材料の品質に問題があるケースも考えられます。目先の支払金額が安くても、短期間でリフォームのやり直しが必要になってはコストパフォーマンスが悪くなってしまいます。多少高く感じても、高品質のリフォームであれば長く安心して暮らすことができるので、激安だけを売りにしている業者には注意しましょう。

玄関ドアのリフォームのポイント

玄関ドアをリフォームする際のいくつかのポイントを紹介します。まずデザインだけでなく断熱性や防火性、また安全性や防犯性なども考えましょう。部屋を冬は暖かく、夏は涼しくするため、断熱性が高いものを選んでください。そして、火災が発生してしまった時、火が燃え広がるのを防ぐため、防火性が高いものを選んでください。その安全性に関しては、にぎって回すドアノブよりも、つかんで押して開けるものの方が安全性が高いです。また部屋の中から施錠、解錠することができる電気錠システムを導入しても良いでしょう。侵入者を防ぐため、防犯性が高いものを選ぶことも大切です。ディンプルキー、またウェーブキーが付いたものがおすすめです。リフォーム業者の選び方としては、そのホームページなどを参考にして、あなたが目的とすることを得意とする業者を選びましょう。また、業者によって料金が違ってきますから、事前に見積もりをしてもらってください。

三重県の新築断熱材について

断熱材とは、外の温度を室内に伝え難くまた室内の温度を外に逃がさないようにする、壁の中に敷き詰められた建築材料です。通常ロックウールやグラスウール、また発砲スチロール状のものから出来ています。最近の注文住宅ではこの断熱材の効用を最大限発揮して冬暖かく、夏涼しい住宅、快適な住宅にはなくてはならないものになっています。例えば冬、冬の冷たい空気は室内に取り込みたくないもの、そのために断熱性能のよい断熱材を利用します、また逆に夏場は性能のよい断熱材によってうだるような夏の暑さは室内には取り込めません。また断熱性能は住宅の気密の高さによっても実現できます。即ち住宅にはコンセント口、壁と柱の堺、サッシと壁の堺目など目に見えない隙間がたくさんあります。ここから冬の冷たい空気が入り込みまた暖気はにげているのです。この隙間を出来るだけ気密テープや発砲状の断熱材で埋めてやれば断熱性能の高い家になります。断熱性能のよい家で快適に暮らしたいものです。

注文住宅のキモ、プランニングと土地探し

注文住宅でもっとも重要なのが三重県工務店、プランニングです。今のライフスタイル、今後のライフスタイルの変化を考慮すること、そして金額面でも、建築途中の変更など、あとから費用が追加されたりしないよう、十分なプランニングが必要です。住宅はそれを建てる土地によっていろいろな制約があるものですが、その中で最大限自分や家族の希望を叶える住宅をプランニングすることを心掛けるといいでしょう。土地はなるべく制約の少ない場所であれば、自由度が増します。プランニングといえば特に間取りに目が行くとおもいますが、大きなポイントは使わない部屋、お客様のための部屋を作らないということです。そこで生活をする家族のためのスペースとして認識していくことが大切です。家族に子供がいる場合は、特にこれからどのように変化していくかを見極める必要があります。子供は大きくなったら巣立っていきます。プライベートを重視するあまり、個室を作りすぎてしまうと、あとで使い道がないなど、ライフスタイルに沿わないものになってしまうでしょう。

四日市で注文住宅を建てるのにオススメの土地と理由

生活のしやすさや便利性を考えて三重県四日市市で注文住宅を建てるのであれば、どんな土地がオススメになるでしょうか。
例えば、病院やよく行くお店が近隣にあれば、病気になった時でも、買い物に行くときでも便利ではあります。
しかし地図上たみたときに、直線距離では近い場所にあったとしても、実際に行ってみれば遠回りをしなければ行くことが出来ないような場所もあります。
そして地図ではよくわからなかったとしても、坂道がきつかったり、南側に建っている家が3階建てになっている可能性もあるでしょう。
坂道がきつい場所の場合は、家から出るたびに坂道に悩まされることになりますので、毎日出かけるのが億劫になってしまいます。
そして南側に建つ家が3階建てだった場合には、日当たりの悪さで悩まされることになるでしょう。
場所としては便利な場所だったとしても、生活をするには難しい場合もありますので、オススメは自分の目で見て確認し納得が出来る場所に決めることです。

工務店に依頼するメリットデメリット

三重県の工務店で注文住宅を依頼するメリットに、実際に工事をする職人さんと知り合いになれることが挙げられます。
職人さんと話がしたくなければ、そのことがデメリットになりますが、依頼者と実際に工事をする職人との距離が近づくことは、両者にとって大きなメリットとなります。
ハウスメーカーに注文住宅を依頼した場合は、工事を工務店或は職人の集団に外注することになります。ハウスメーカーでは、依頼者と職人が話をする場面はほとんど無く、現場を見る暇もなく工事が完成してしまうこともあります。
工務店に工事を依頼した場合は、依頼者は施主として丁寧に扱われます。施主は工事が始まる前に地鎮祭、上棟時に上棟式を主催するのが一般的です。特に上棟式は実際に工事を行う職人たちが一堂に会します。
施主と工務店の関係者、工事の職人が同時に集まる機会はその時しかありません。お互いが親交を深めることで建物への愛着も湧き、工事が順調に進むための励みとなります。

断熱性のいい住宅とは

断熱性の良い家とは、熱効率が良く光熱費がかからない家のことです。外気の影響を受けにくいので、快適な室内環境が保たれるのが特徴となります。また結露の発生が少ないので健康にも良いことに加えて、建物の躯体も劣化を防ぐことになります。そのような家を注文住宅で建設するためには、まず断熱材を適切に使うようにする必要があります。室内側から敷き詰める内断熱と、外壁に貼り付ける外断熱とがあります。家全体を守る形の外断熱であれば、建物の寿命を長くすることが可能です。あるいは弾力性のある塗料で塗装すれば、外断熱の効果を得ることができます。次に外気の影響を受けにくくするために、窓に工夫する必要があります。ガラス面は極力面積を小さくすることが必要ですが、大きな日差しを差し込めるサッシを希望するならば、ペアガラスを使うことが必要です。あるいは二重窓にすることで空気層を作り、外気の影響を室内が受けにくくするようにできます。