2016年 10月 の投稿一覧

注文住宅のキモ、プランニングと土地探し

注文住宅でもっとも重要なのが三重県工務店、プランニングです。今のライフスタイル、今後のライフスタイルの変化を考慮すること、そして金額面でも、建築途中の変更など、あとから費用が追加されたりしないよう、十分なプランニングが必要です。住宅はそれを建てる土地によっていろいろな制約があるものですが、その中で最大限自分や家族の希望を叶える住宅をプランニングすることを心掛けるといいでしょう。土地はなるべく制約の少ない場所であれば、自由度が増します。プランニングといえば特に間取りに目が行くとおもいますが、大きなポイントは使わない部屋、お客様のための部屋を作らないということです。そこで生活をする家族のためのスペースとして認識していくことが大切です。家族に子供がいる場合は、特にこれからどのように変化していくかを見極める必要があります。子供は大きくなったら巣立っていきます。プライベートを重視するあまり、個室を作りすぎてしまうと、あとで使い道がないなど、ライフスタイルに沿わないものになってしまうでしょう。

四日市で注文住宅を建てるのにオススメの土地と理由

生活のしやすさや便利性を考えて三重県四日市市で注文住宅を建てるのであれば、どんな土地がオススメになるでしょうか。
例えば、病院やよく行くお店が近隣にあれば、病気になった時でも、買い物に行くときでも便利ではあります。
しかし地図上たみたときに、直線距離では近い場所にあったとしても、実際に行ってみれば遠回りをしなければ行くことが出来ないような場所もあります。
そして地図ではよくわからなかったとしても、坂道がきつかったり、南側に建っている家が3階建てになっている可能性もあるでしょう。
坂道がきつい場所の場合は、家から出るたびに坂道に悩まされることになりますので、毎日出かけるのが億劫になってしまいます。
そして南側に建つ家が3階建てだった場合には、日当たりの悪さで悩まされることになるでしょう。
場所としては便利な場所だったとしても、生活をするには難しい場合もありますので、オススメは自分の目で見て確認し納得が出来る場所に決めることです。

工務店に依頼するメリットデメリット

三重県の工務店で注文住宅を依頼するメリットに、実際に工事をする職人さんと知り合いになれることが挙げられます。
職人さんと話がしたくなければ、そのことがデメリットになりますが、依頼者と実際に工事をする職人との距離が近づくことは、両者にとって大きなメリットとなります。
ハウスメーカーに注文住宅を依頼した場合は、工事を工務店或は職人の集団に外注することになります。ハウスメーカーでは、依頼者と職人が話をする場面はほとんど無く、現場を見る暇もなく工事が完成してしまうこともあります。
工務店に工事を依頼した場合は、依頼者は施主として丁寧に扱われます。施主は工事が始まる前に地鎮祭、上棟時に上棟式を主催するのが一般的です。特に上棟式は実際に工事を行う職人たちが一堂に会します。
施主と工務店の関係者、工事の職人が同時に集まる機会はその時しかありません。お互いが親交を深めることで建物への愛着も湧き、工事が順調に進むための励みとなります。

断熱性のいい住宅とは

断熱性の良い家とは、熱効率が良く光熱費がかからない家のことです。外気の影響を受けにくいので、快適な室内環境が保たれるのが特徴となります。また結露の発生が少ないので健康にも良いことに加えて、建物の躯体も劣化を防ぐことになります。そのような家を注文住宅で建設するためには、まず断熱材を適切に使うようにする必要があります。室内側から敷き詰める内断熱と、外壁に貼り付ける外断熱とがあります。家全体を守る形の外断熱であれば、建物の寿命を長くすることが可能です。あるいは弾力性のある塗料で塗装すれば、外断熱の効果を得ることができます。次に外気の影響を受けにくくするために、窓に工夫する必要があります。ガラス面は極力面積を小さくすることが必要ですが、大きな日差しを差し込めるサッシを希望するならば、ペアガラスを使うことが必要です。あるいは二重窓にすることで空気層を作り、外気の影響を室内が受けにくくするようにできます。

家づくりの進め方

注文住宅で家づくりの流れとしては、まず土地選びから始めることになります。土地選びは自分で行う場合もありますし、工務店などに相談するケースもあります。土地の購入が決まったら、そこに建物を建てるための工務店やハウスメーカーを決めます。土地の形状によってはハウスメーカーで対応できない場合があるので、工務店か設計事務所に依頼します。その際にローンを組めるかどうかの事前審査を金融機関に頼むケースもあります。ローンの融資が降りることが確認できたら、担当者と相談しながら設計を進めることになります。どのような材料や設備を選ぶのか、どんな間取りやデザインにするのかを相談しながら決めていきます。設計が決まったならば建設が始まりますが、設計事務所に頼んでいるならば施工業者も選びます。そして完成した後に内覧し、問題があるようであれば修正作業を頼みます。問題がなければ引き渡しとなり完成です。ローンの実行が始まります、引っ越しをして全てが終了となります。

後悔しない住宅会社の探し方

注文住宅を新築するためには、後悔しない住宅会社を選ぶ必要があります。選択肢としてはハウスメーカーと工務店、そして設計事務所があります。完全なフルオーダーメイドにするならば設計事務所に頼む必要があります。ただし費用はかなり高くなりますし、施工業者も自分で探すことが必要です。予算も手間もかかることが特徴となります。最も安く建設したいのであれば、ハウスメーカーの提供するローコスト住宅を選ぶことになります。これはハウスメーカー独自で開発した資材を使用するので、建設コストを抑えると共に品質も安定するのが特徴です。ただし材料や設備、デザインなどはある程度決まっているので、自由度が低いことが難点と言えます。地元の気候や風土に詳しい工務店に頼めば、その土地に適した設計を行ってくれます。そのために長持ちする家を建てることができます。材料や設備もある程度自由に選べますし、施工を行う技術が高ければ満足度の高い家を新築することができます。

注文住宅の設計について

念願のマイホームを手に入れるときには、注文住宅で自分の好みやこだわりを反映させた家づくりをしたいと思っている人が多いと思いますが、実際には、注文住宅を建てると価格が高くなるというイメージがあるので、躊躇している人も多く、建売の戸建てや中古住宅を中心探す場合があります。
しかし、注文住宅は、設計を自由に行うことができるというメリットを生かして、シンプルで開放的な間取りにしたり、必要な機能だけがついているリーズナブルな設備を選んだりすることで、価格を下げることも自由にできるところがメリットです。注文住宅を諦める前に、施工実績が多く、経験豊富な設計事務所に見積もりを依頼し、相談してみることがおすすめです。いくつかの設計事務所に見積もりを依頼してみると、価格面の相談だけでなく、自分の好みやセンス、相性と合うかどうかを確かめることができるので、実際に話して見積もりを頼んでみてから、依頼する設計事務所を決めるとよいでしょう。

耐震住宅について

注文住宅の耐震構造は、建築基準法により定められ筋交いや補強金具などにより建物を強固にする事で耐震化が行われていますが、大手のハウスメーカーでは地震の振動エネルギーを熱エネルギーに変換するなどの制震装置を住宅の各所に設置する制震構造、基礎と躯体の間に積層ゴムやベアリングを設置して地震の横揺れを逃す免震構造などが用いられています。免震構造は、地震の揺れを3分の1から5分の1にまで軽減する事が出来るとされています。又、注文住宅は筋交いや補強金具、制震装置、免震措置などによる地震の揺れに対する対応だけで無く、建築用地の耐震化を図ってこそ完全な耐震化住宅と言えます。特に、旧河川跡や池跡、水田跡、地下水位の高い地域では、地盤の耐力の無くなる液状化現象が発生し家が傾いてしまう事があります。その為、注文住宅の建築前に杭状補強工事や柱状補強工事、地盤改良材による地盤強化工事などを施した後に建築する必要があります。

理想のマイホームを手に入れ家族が笑顔で暮らせるようになりました

新築のマンションを手に入れたことで、生活の快適さというのが色々と増して、暮らしが豊かになりました。
まず、購入した新築マンションが駅のすぐそばでしたので、電車に乗って出かける時に、とても楽でした。旅行に出かけたり、たくさん買い物をした時には、結構荷物を抱えて帰ってきたり、重いキャリーバッグを転がして帰ってくることがありますが、そういった時もすぐに家に着くため、かなり負担が少なくて済みます。
目的地も駅から近くて屋内で過ごす場合には、ほとんど雨に濡れませんから、多少雨が降っていても傘を持たずに身軽な格好で出かけられています。
なお、購入した新築マンションは、セキュリティがしっかりとしているのも気に入っているところです。オートロックで、TVモニタ付インターホンが連動していますし、敷地内には複数の箇所に防犯カメラが設置されています。
駅近立地でセキュリティもしっかりしているため、高い利便性・安全性の環境の中で生活していけています。

思っていた以上に快適で住みやすい家を手にいれることができました

積雪寒冷地に住んでいるため、冬期間の過ごしやすさという観点が最も重要な項目でした。
新築前は、父の代から住んでいた築30年以上経過した家でしたので、断熱性能がとても低く結露もひどい状況で、何よりも冬場の暖房費がとても高くつくことも悩みでした。
そのために、注文住宅を新築する際にはとにかく断熱の良さを求め、屋根の雪下ろしの手間を省くために無落雪屋根にするといった、いわゆる「北方圏住宅」の基準を満たす家にすることを決断しました。
とはいえ当地ではほぼすべてのホームビルダーが高性能な住宅を提供しているため、選ぶ際の基準は難しかったと感じています。それでも多くのモデルハウスを訪れて徹底した情報収集を行い、最も適したと思えるビルダーに新築を依頼することができました。
そして注文住宅を新築後初めての冬を過ごしました。思っていた以上に快適そのものです。今までの古い家とは比較にならないほどの暖かさで、暖房費も半額程度まで減らすことに成功しました。
冬の過ごしやすさが得られて本当に幸せに感じています。